もうしみない!デリケートゾーン(陰部)を石鹸で洗うとしみる場合の対処法

もうしみない!デリケートゾーン(陰部)を石鹸で洗うとしみる場合の対処法

お風呂に入って身体を洗うと、デリケートゾーンに石鹸がしみてヒリヒリして嫌…

 

こんな人、結構いるみたいですね。

 

 

そういうわたしも、例外ではありませんでした。
以前、市販のボディソープでデリケートゾーンも洗っていたんですが、
見事にしみてました、ほぼ毎日。ええ。

 

その当時は「ま、こんなものかな?」って思ってました。
しみても、泡を洗い流してしばらくすればヒリヒリ感はおさまりますからね。

 

 

でも、調べてようやく気づきました。
デリケートゾーンに石鹸がしみるのは”普通じゃない”んだ!」って^^;

 

 

 

しみる原因は大きく分けると2つあります。

  1. デリケートゾーンにトラブルがある
  2. 石鹸が強すぎる、または肌に合っていない

このどちらか、もしくは両方が、
デリケートゾーンをヒリヒリさせています。

 

でも、できればこの不快なヒリヒリ感を一切かんじることなく、超快適なバスタイムを過ごしたいですよね。

 

美容面でも、バスタイムって重要ですし。
美しさを磨く女性は、総じてバスタイムの快適さを追求しているものです!

 

このページには、石鹸がしみる原因と対策方法をギュギュッと詰め込んでお伝えします!最後までどうぞ(*^ ^*)

 

 

【石鹸がしみる原因@】デリケートゾーンにトラブルがある

デリケートゾーンって、知らず知らずのうちにトラブルが多発してるんですよね。
今からお伝えする4項目は、誰もがひとつは思い当たるはずです。

 

摩擦・圧迫・乾燥などでダメージを与えている

「摩擦」「圧迫」「乾燥」は、ほとんどの人が日々デリケートゾーンに与えている3大ダメージです。

  • お風呂でゴシゴシ洗う
  • 普通のボディソープであそこも洗う
  • トイレットペーパーでこするように拭く
  • きつめの下着をつける
  • 座り姿勢が多い

こういう何気ない習慣が原因で起こります。
アナタにも、当てはまる項目があるのではないでしょうか?

 

デリケートゾーンは皮膚がうすくてダメージを受けやすいです。
特に、もともとの肌質が繊細な人は、ちょっとした刺激で思っている以上に傷ついている場合もあります。

 

 

また、下着を長時間つけることで湿度が高くなるので、
「皮膚がふやけた状態」になりがちなのも問題です。

 

ふやけた皮膚は、いわゆる「肌バリア」が弱っている状態。
そんな状態でこすったり掻いたりすればどうなるかというと…

 

 

って言わなくても解りますよね^^;

 

 

無意識に掻いてダメージを受けている

デリケートゾーンってふいにかゆくなりませんか?

 

 

特に生理は悩みのタネ。
ナプキンで通常より蒸れていたり肌が敏感になっているせいか、いつも以上にかゆみを感じます。

 

それで、周りにバレないように圧迫したりして、かゆみを紛らわす…(-_-;)
これ、わたしだけじゃないですよね??

 

 

「掻く」というのはデリケートゾーンにとってかなりの刺激です。
そりゃそうです。力を込めてこするわけですから…

 

掻くことによってデリケートゾーンに過剰な刺激を与えてしまうことが、石鹸がしみる原因につながっているかもしれません。

 

 

そもそも人間は、かゆみが我慢できないようにできています。
なので”かゆみの根本を解決”して、かゆくない状態にしたほうがいいです。

かゆみ対策の第一歩は「保湿」です!

 

デリケートゾーンって、洗ったら洗いっぱなし、保湿してない!っていう方がほとんどだと思います。
でも、保湿しないといつまでもかゆみが襲ってきます。乾燥して肌が荒れてる状態なので。

 

性病がかゆみの原因になっている場合は別ですよ。
思い当たる人はしっかり治療することが先決!

 

アンダーヘアの処理で傷ついている

アンダーヘアをカミソリで処理している場合も、肌に大きなダメージを与えている場合が多いです。

 

アンダーヘアは太さがあるのに、生えている場所の皮膚は薄いので、カミソリ負けしやすいんですね。
頻繁に剃るほど、シェービングジェルなどを使っても多少なり傷がつきます。

 

また、アンダーヘアの処理後は何かとトラブルが発生しやすいもの。
例えば、「かゆみ」「チクチク感」などは代表的なトラブルです。

 

このかゆみやチクチク感を紛らわせるために、無意識にかいてしまうので、
さらにダメージを与えてしまうというケースもよくあります。

 

 

病気

単純に性病が原因でしみてしまうケースもあります。
よくある病気としては「カンジダ膣炎」があります。

 

おりものの変化や、独特のかゆみで「あれ、カンジダやっちゃってるかな?」って感づいたりするものですが、
「石鹸がしみる」という症状を挙げる人も結構いるようでした。

 

 

「病気かも」と思いあたるのであれば早く治癒するに限りますが、治るまでに時間もかかりますよね。

 

できるだけ不快感を感じずにすむように、

  • 低刺激な石鹸をつかって洗う
  • しめつけない下着をつける
  • トイレで押さえるように拭く

など工夫しましょう。

 

 

【石鹸がしみる原因A】石鹸が強い、肌に合わない

使っている石鹸が肌に合わなかったり、刺激が強すぎたりすると、デリケートゾーンのような粘膜部分はすぐヒリヒリします。
目に石鹸が入ったら痛いのとおんなじですね。

 

普通のボディソープ→洗浄力が強すぎる

「お肌に優しい」がウリの、お手頃な市販ボディソープ。
でも残念ながらデリケートゾーンにとっては刺激が強すぎます。

 

【衝撃の事実】デリケートゾーンをビオレuで洗っちゃいけない理由』でも書いていますが、
ドラッグストアなどで買える普通のボディソープの多くには、脱脂力が強い安価な洗浄剤が使われているからです。

 

つまり、”デリケートゾーンに適していない”んですよね。

 

粘膜に近い部分を洗うわけなので、
しみてしまっても何らおかしくないですよね。

 

必要な皮脂まで洗い流されて乾燥気味になると、良いことはひとつもありません。

 

ひとつも、です!

 

過度に洗浄すると、乾燥します。
すると皮脂が過剰分泌されて、「臭いが増す」「汚れ(マンカス)が増える」などのトラブルにつながります。

 

女性としてのエチケット的にNGですよね^^;

 

 

加齢や出産をきっかけに「アナタに合う石鹸」は変わる

身体ってどんどん変化していくので、合う石鹸・合わない石鹸も変わっていきます。

 

顔のスキンケアだって、年齢とか気になる悩みによって使い分けますよね?

 

お肌が変わっていくので、それに合わせてスキンケアも変えていく。自然なことです。

 

 

とくに加齢や出産によって、ホルモンバランスは大きく変わります。
「今まで使っていた石鹸が合わない気がする」
「肌質が変わった気がする」
こんな変化を感じる人もいるみたいです。

 

 

デリケートゾーンは特に敏感な部分なので、ヒリヒリ感は「石鹸が合ってないよ!」というサインかもしれません。

 

 

しみる原因のまとめ

石鹸がしみる時の原因をまとめると、このようになります。

 

デリケートゾーンのトラブル
  • 摩擦、圧迫、乾燥などが原因でしみる
  • 無意識に掻いてしまいしみる
  • アンダーヘアの処理でしみる
  • 性病が原因でしみる

 

石鹸が合わない、刺激が強すぎる
  • 普通のボディソープで洗っている
  • 肌質の変化が原因でしみる

 

 

どうでしょうか?
アナタはどれが思い当たりますか?

 

 

原因は人によっていろいろですが、まずは「デリケートゾーンに優しい石鹸を使う」ことが解決する糸口になります。

 

「優しい石鹸ならしみないの?」と思うかもしれませんが、
本当に低刺激な石鹸を選べば、しみる可能性はグンと下がりますよ。

 

 

もし、あなたが日頃デリケートゾーンを洗うときのヒリヒリ感が気になっているなら、
本当に肌に優しい石鹸を選んでみてください!

 

”石鹸”とひとくちで言っても、配合成分は商品によって違いますから(*^ ^*)

 

 

繰り返しになってしまいますが、
【衝撃の事実】デリケートゾーンをビオレuで洗っちゃいけない理由』に書いているように、
市販品には肌に優しくない成分が入っていることが多いです。

 

もし、市販品でないものを使っているとしても、
ヒリヒリ感を少しでも感じるのであれば使い続けない方がカラダのためになります。

 

 

 

わたしは、結構いろんな石鹸がしみちゃうタイプです。
殺菌成分とか入ってると、粘膜が本当にピリピリして痛くて、使えません。
粘膜部分が敏感なんですね。

 

きっと、もともとの体質なんだと思います。

 

そんなわたしが最終的に使い続けることができているのが【クリアネオパール】 です。

 

 

低刺激・高保湿の「クリアネオパール」が、あそこのトラブルを激減してくれた

クリアネオパールは、ネットで見つけて通販して以来ずっと使い続けてるんですが、
本物の低刺激でヒリヒリしないんですよね。

 

洗浄成分を調べてみて納得です。
マイルド系の洗浄剤が5種類配合されてるので、とにかく使い心地が優しくて、泡がもっちもち!

 

カリ石鹸素地

リキッドソープのベース。低刺激で毒性がとても低いです。赤ちゃん、アトピー、乾燥肌や敏感肌には特に最適といわれています。

ラウラミドプロピルアミンオキシド 泡立ちが良く低刺激な洗浄成分です。
コカミドDEA ヤシ油由来の成分。ソープの泡立ちや洗浄力をサポートします。
ラウロイルアスパラギン酸Na 低刺激・弱酸性でマイルドな洗浄成分。肌への刺激性や毒性はほとんどありません。
ジステアリン酸PEG-150 低刺激の洗浄成分。ちなみに数字の部分が大きいほど低刺激で水になじみやすいです(10以下の数字は高刺激といえる)。

 

カリ石ケン素地(液体石鹸のベース)に、ベタイン系の洗浄剤が配合されています。

 

ベタイン系の洗浄剤には、

  • 刺激性が低く肌に優しい
  • 保湿力がある
  • 毛髪の補修効果もある
  • 環境に優しい
  • 泡立ちが良い

こんなメリットがあるんです。
デリケートゾーンを洗うのにピッタリな洗浄剤なんですよ(*^ ^*)

 

でも、私がクリアネオパールを使い続けるのは「しみないから」だけじゃありません。
ある効果”も実感できるからなんです!

 

 

クリアネオパールなら、デリケートゾーンのあらゆるトラブルをカバーすることができる!

デリケートゾーンって、「かゆみ」「臭い」「黒ずみ」など、トラブルが多いじゃないですか?

 

だからこそ意識したいのが「デリケートゾーンの保湿」なんです。

 

保湿が十分に足りていないと、肌のバリア機能が弱ってしまうし、新陳代謝も遅くなります。
それでかゆみがでたり、皮脂の過剰分泌で臭いが気になったり、黒ずみが進行したり、トラブルが続いてしまうんです。

 

デリケートゾーンはただでさえ皮膚が極薄で、なおかつ摩擦などの刺激を受けがち。
実は、最も保湿したいのがデリケートゾーンといっても過言ではない!

 

 

その点、保湿力が高いクリアネオパールなら、
洗った後はまるで保湿クリームを塗ったようにしっとりしたツヤ感が出ます。

 

使うほどデリケートゾーンが本来の健康状態にもどるので、「かゆみ」「臭い」「黒ずみ」に効果を実感できるんです^^

 

 

もちろんデリケートゾーンだけじゃなく、臭いが気になる脇の下や足にも使えます。
植物性の美肌サポート成分が8種類も入ってるので、
乾燥が気になる時期は全身これで洗っちゃいます。

 

わたしの姉は、使ってみて気に入ったのか定期購入はじめてましたね^^

 

 

ちなみに1番安く買えるのは定期便での購入です。
定期便といっても回数縛りがないので、1回受け取ったら解約することができます

 

しかも、肌に合わなかったり効果が感じられなかったら、返金保証で返金してもらえます!
返金保証は”無期限”なので、使った後でも電話一本で返金OKなんです。

 

 

ちょっと高いけど、思い切って買ってみてよかったですよ。
しみないし、デリケートゾーンの悩みまでなくなって前より自信がつきました。

 

わたしが購入したのは、こちらの公式サイトの定期便です。参考にされてください^^
お得な定期便あり!【クリアネオパール】

 

 

まとめ

一日の疲れを癒やしたり、美容のためにも重要なお風呂タイムは大事です!

 

デリケートゾーンの嫌なヒリヒリ感を感じずに、毎日快適なお風呂タイムで思いっきりリラックスしましょう!

 

 

page top