あそこの臭いが変?疑うべき性病は?

デリケートゾーン(あそこ)の臭いが変?疑うべき性病は5つ

 

「わたし性病かもしれない(T_T)」

 

そう思うと不安ですよね。
できれば病院に行きたくないし、気のせいであってほしい!

 

このページを訪れたアナタはきっと、あそこの臭いが気になっているんですよね?
あせらずに、原因を探っていきましょう!

 

 

性病には【あそこが臭うもの】と【臭わないもの】があります。
もし本当に性病であれば、おりものの変化、かゆみ、痛みなどを感じている人も多いはずです。

 

あそこが臭う時は、どんな性病の疑いがあるのか?

 

まずは下の目次から、アナタのあそこの臭いに近いものをチェックしてみてください!

 

 

 

【魚が腐ったような臭い】=性病は3つ考えられる

 

「魚が腐ったみたい」に例えられるような臭いがある場合は、3つの性病が考えられます。

 

カンジダ膣炎

臭い以外の症状は?
  • おりものの量が増える
  • おりものの色が白色で、カッテージチーズ状、酒粕状、ヨーグルト状などに例えられるような状態
  • 膣内、膣外ともにかゆみや痛みがある
  • 性交痛がある

 

カンジダ膣炎はもっとも多くの人がわずらう性病で、5人に1人が経験すると言われています。
ほかに、膣カンジダ症とも呼ばれます。

 

原因は、カンジダ菌という真菌(カビの一種)が増えすぎてしまうこと。

 

カンジダ菌はもともと多くの人の体内に住んでいますが、いろんなきっかけによって異常増殖することがあるので、
誰もが発症する可能性がある病気です。

 

 

カンジダ膣炎を引き起こす原因になるのは、

  • ホルモンバランスの変化
  •  姙娠や生理前後など

  •  抗生物質、ステロイド剤、ピルなど

  • 免疫力低下
  •  疲労、体調不良、寝不足、ストレスなど

  • 服装や下着による蒸れ
  • 性行為
  •  パートナーにカンジダが増殖していると感染することがある。
     主に男性から女性に移る。

このようなものがあります。

 

このカンジダ膣炎、再発をくりかえすケースが多いのがやっかいなんですが、
塗り薬や膣剤をつかえば、1週間くらいで治ります。

 

 

細菌性腟炎

臭い以外の症状は?
  • おりものの色が灰色っぽい
  • おりものの状態が水っぽいサラサラ状。
  • ※自覚症状がないことが多い病気です。約半数は無自覚だと言われています。

 

 

細菌性腟炎は、【膣内の細菌バランスが原因】で起こります。

 

病気のタイプとしては、カンジダ膣炎に似ているのが特徴です。

 

カンジダ膣炎は「カビ」のバランス異常ですが、細菌性腟炎は「細菌」のバランス異常です。

 

要因も似ていて、ストレスや疲労からくる免疫力低下、ホルモンバランスの乱れなどによって起こります。
また【何度も性交渉する】【膣を洗いすぎる】などで細菌のバランスが崩れて患うこともあります。

 

そして、細菌性腟炎は「女性だけの性病」ということも特徴です。

 

「細菌のバランスが乱れているだけなら、自然に治るんじゃない?」

 

なんて思いたいところですが、これが要注意。
知らないうちに重症化していたり、体内で感染が広がってしまったりすることもあります。

 

細菌性腟炎にかかったら、薬を服用して完治させましょう。

 

 

トリコモナス症

臭い以外の症状は?
  • おりものの量が増える
  • おりものが泡状になる
  • 膣内膣外ともにかゆみがある

 

トリコモナス症は、トリコモナス原虫という虫の一種が、膣や膀胱に入りこむことで起こる炎症です。

 

多くの場合は性交渉でうつるのですが、感染経路は他にもあります。

 

例えば、タオルや下着、便器、お風呂など人と共用するものからうつる場合です。
これによって、性交したことがない人や子ども、高齢者などにも感染するケースもある病気です。

 

またトリコモナス症は女性に多いのも特徴です。
男性にももちろん原虫が入り込むことはありますが、ほとんどが尿に押し出されて外に排出されます。

 

治療は、抗原虫薬という虫を退治する薬を服用します。
10日くらいで完治します。

 

 

 

【きつめの酸っぱい臭い】=クラミジア感染症の疑い

臭い以外の症状は?
  • おりものが増える
  • おりものが黄色っぽい、膿が混ざる(←重症化)
  • 出血がある(不正出血)
  • 下腹部が痛い
  • 性交痛
  •  ※ただし、自覚症状がない場合も多いです。

 

クラミジア感染症は、クラミジアという微生物によって起こる病気です。

 

感染の原因は主に性行為です。
しかもいろいろな性行為(アナルセックスやオーラルセックスなど)によって、膣以外にも感染します。

 

自覚症状がない場合は、本人が気づかないうちに周囲の人にうつしてしまうこともあります。

 

例えば、オーラルセックスによって喉に感染していれば、性行為をしなくても誰かにうつしてしまう可能性がでてきますよね。

 

このようにいろいろな経路で感染するため、クラミジア感染症はとても多くみられる性病です。

 

またクラミジアに感染すると、他の病気にも感染しやすくなるので、
ほったらかしにしておくと合併症を引き起こす可能性があるので要注意です。

 

薬を服用して治療し、1週間程度で治る場合がほとんどです。

 

 

【生臭いような強烈な刺激臭】=淋病の疑い

臭い以外の症状は?
  • おりものの量が増える
  • おりものが黄緑色っぽい濃い色になる
  • 膣外がかゆい
  • 下腹部が痛い

 

淋病の正式名称は「淋菌感染症」。
淋菌に感染することによって起こる病気です。

 

クラミジア感染症の次に多い病気で、症状が比較的よく似ています。

 

感染ルートは性交渉によることがほとんど。そして膣以外にも感染します。

 

ただ、淋病はどちらかというと男性に多い病気です。

 

正確にいうと、男性の方が症状がはっきりしていて自覚症状がある人が多いですが、
女性は症状が軽く無自覚なことが多い、ということ。

 

淋病も知らないうちにうつしてしまうことがあるので、自覚症状があるならチャンスと思って、きちんと検査したほうが吉です。

 

 

性病を特定して解決するには?

性病は、自然治癒を期待してはいけません!
なぜなら、自然治癒はほとんど期待できないからです(T_T)

 

ほったらかしにすると、症状が悪化することもありますよ。

 

では早期発見、早期治療をするにはどうすればいいでしょうか?

 

 

病院を受診する

性病かどうか確信がもてなくても、検査をしてみなければわかりません。
婦人科はデリケートな悩みを解決するプロです。
信頼して、いろいろ相談してしまいましょう!

 

性病かな?と不安をかかえながら過ごす日々がもったいないです(´・ω・`)

 

自宅でも検査できる!

自宅でできる性病検査キットを使うのも手です。

 

検査

 

誰にもバレずにこっそり検査ができるので、両親や同居人がいても大丈夫!
実は、密かに利用者が多いんです。

 

全体の流れはとってもシンプルで、こんなかんじ↓

 

〔1〕ネットで検査キットを注文
〔2〕自宅に届いたキットの説明にしたがって検体を採取
〔3〕郵送で返却
〔4〕数日後、検査結果をネット、郵送、メールなどで確認

 

※〔1〕〜〔4〕までの目安は、約1週間程度

 

こういった検査キットがあるということも、知っておくと安心ですね^^
どんどん活用しましょう!

 

 

 

 

page top