【デリケートゾーンは無臭じゃない】本当の美マンってどんなにおい?

【デリケートゾーンは無臭じゃない】本当の美マンってどんなにおい?

アソコの臭い、どうにかしたい!

 

デリケートゾーン,無臭,美マンにおい

 

 

デリケートゾーンの臭い、気になりますよね。
あなたは「彼氏には”クサッ…”って思われたくない」こう思いませんか?

 

彼氏がいれば、アソコを触られる、見られる、舐められるっていうのが普通にあります。
そんな時、最愛の人に「クサい」なんて思われてたら悲しすぎます。

 

 

一度「クサイ」と思われたら、どんなにメイクを完璧にしてもかわいく着飾っても、
「クサイ」という印象はなかなか拭えないものです。

 

彼氏には「僕の彼女はアソコも魅力的なんだよね」って思ってもらいたくないですか?

 

 

この記事では、デリケートゾーンを限りなく無臭に近づけるポイントをまとめました。
ぜひお試しください☆

 

 

デリケートゾーンを”無臭”にすることはできない!でも…

まず最初にひとこと。

 

デリケートゾーンが”完全に無臭”というのはありえません。

 

デリケートゾーンは臭います。
どんな美人でも必ず多少は臭います。
そういうものです(´・ω・`)

 

 

ただし、「ニオイがあること」と「臭いこと」は違います。

 

膣の中はもともと酸性に保たれているので、分泌物はすこし酸っぱいようなニオイがするのが普通です。
それに、一人ひとりが持つ「肌のニオイ」というのもあります。

 

本当の美マンには、ニオイがあるんです。
こういうニオイは、相性のよい男性からしてみれば「めっちゃ燃える」わけです。

 

 

でもケアを怠ったり、美マンへの意識が低すぎると、クサくなります。

 

クサくなるのには理由があります。

 

それは、デリケートゾーンの汚れ(おりもの、汗、古い角質、皮脂など)をエサにして、においのもとになる雑菌が繁殖するからなんです。

 

しかもデリケートゾーンっていつも下着に覆われていて、蒸れていますよね。
だから余計に臭いやすいんです。

 

もうひとつ注意したいのが、マンカスです。
デリケートゾーンの白い垢、いわゆる恥垢(ちこう)のことですね。

 

恥垢は、汚れを元にして作られて、ビラビラの間などに溜まっていきます。

 

この恥垢も、まさに雑菌の宝庫なんです。

 

とても臭いので、彼氏に触られたり見られたりしたら結構ヤバイかもしれません。
触ったら、なかなか臭いがとれないので…(´・ω・`)

 

 

臭いは「気にならないレベル」まで消すことができる!

デリケートゾーンを無臭にすることが不可能だとしても、
ニオイのもとになる雑菌の繁殖をおさえれば、限りなく無臭に近づけることはできます。

 

 

ここで大事になってくるポイントは

  1. 汚れを落とす
  2. 保湿する
  3. 通気性を良くする

この3つです。

 

これさえしっかり押さえておけば、かなりのニオイが軽減するはずです!

 

 

1,汚れを落とす

雑菌のエサになるのが、”デリケートゾーンの汚れ”です。

 

汚れがあればあるほど、雑菌は元気になって増えていきます。
だから汚れを落とすことは【においケアの基本】なんです。

 

でも、汚れを落とすといっても、ゴシゴシと力づくで洗ってはいけません。

 

デリケートゾーンはその名の通りとても”デリケート”なので、正しい洗い方をしっかりマスターすることが大切です。

 

 

さらに、洗う時は【デリケートゾーン専用ソープ】を使うのがベストです。

 

デリケートゾーン,無臭,美マンにおい

 

市販のボディソープには、実は強めの洗浄剤が入っていることがほとんど。これでは、皮膚の水分を奪いすぎてしまうんですね。

 

デリケートゾーン専用ソープにはマイルドな洗浄剤が使われているので、お肌の負担になりにくいんです。

 

というか、「顔は洗顔料」「手はハンドソープ」というふうに分けて洗っているのに、
まぶたより皮膚が薄いデリケートゾーンを専用ソープで洗わないなんて、よく考えたらおかしな話ですよね(^ ^;)

 

わたしが使ってるクリアネオパールは、ニオイだけでなく黒ずみにも効果的です。
だから、毎日洗うだけで簡単にアソコをケアできちゃいます。

 

「やっぱり専用のソープは違うなー」ってかんじですよ。大切な部分に使うものなので、こだわって良いものを選びましょう^^

 

 

2,保湿する

デリケートゾーンの皮膚はものすごく薄いです。
皮膚が薄いということは、”水分を蓄えておく能力が低い”ということ。

 

だから、いくら普段からムレている部分であっても、じつは乾燥しがちなんです。

 

乾燥が原因で肌のターンオーバーが乱れると、古い角質(角化細胞)が剥がれずにとどまってしまいます。
この古い角質をエサに雑菌は繁殖して、においの元になるんです。

 

さらに、乾燥は黒ずみやくすみの原因にもなります。デリケートゾーンをキレイに保つために、保湿は欠かせません。

 

 

3,通気性を良くする

雑菌は、”ほどよい湿度”があるところで増殖します。

 

デリケートゾーンは常に下着や衣服で覆われているので、湿気がこもりがちです。
ニオイを抑えるためにも、デリケートゾーンの通気性は意識して生活しましょう。

 

 

例えば、

  • 下着を天然素材(コットンやシルク)にする
  • ナプキンやおりものシートはこまめに交換する
  • ゆとりがあって風が通る服を選んで着る

などですね。これで湿気はずいぶん籠もりにくくなります。

 

 

または、デリケートゾーンは季節関係なく汗をたくさんかくので、
ニオイが気になったら「下着を取り替える」というのもよい方法です。

 

下着を替えると気持ちもリセットされるので、一石二鳥☆

 

 

【ニオイ対策】と【黒ずみ予防】が同時にできるソープで簡単ケア!

デリケートゾーン,無臭,美マンにおい
わたしも使っているクリアネオパールは、デリケートゾーンを無臭に近づけるだけでなく、黒ずみ予防までできちゃうソープなので、個人的に超オススメです。

 

アソコの色味がキレイだと、彼からの印象はアップします。
「あ、ちゃんとしてるんだな」「清潔感あるな」って思ってもらえますからね^^

 

今大人気の「サルフェートフリー処方」だから、成分にこだわりたい人も安心です。

 

しかも、本当に低刺激だから全然ピリピリしないのには感動しました。

 

デリケートゾーン専用ソープといっても、刺激があって使いづらい商品が実際にあったりしますが、クリアネオパールは大丈夫でしたよ。

 

 

デリケートゾーンの臭いをどうにかしたいなら、【実際に使ってわかった!デリケートゾーンの臭い対策ランキング】も読んでみてください。参考になると思います☆

 

 

デリケートゾーンのケア、一緒にがんばりましょう!

page top