【注意】デリケートゾーンを洗顔フォームで洗うとデメリットしかない!

【注意】デリケートゾーンを洗顔フォームで洗うとデメリットしかない!

「デリケートゾーンをボディソープで洗うのはNG!」
という美容の常識が広まりつつありますが、ここで疑問点がひとつ!

 

 

「じゃあ”洗顔フォーム”で洗えば良くない?」って思いませんか?

 

 

わかります、わかりますよ〜!
わたしも以前は同じように考えてました!

 

「洗顔フォームなら肌に優しいはず♪」
「顔を洗うついでにアソコも洗っちゃえばいいじゃん♪」
こんなかんじで。

 

時間がない時は特に面倒で、なにかで代用したくなることもありますよね。

 

 

でも結論から申し上げると、やめたほうがいいです。

 

 

しっかり調べてみてわかったんですが、
洗顔フォームで洗うメリットは「無い」んですよね^^;

 

それどころか、ボディソープを使ったときのように
デリケートゾーンの”不快感”や”老化”を加速させてしまう可能性もあるんですよ。

 

この記事では、デリケートゾーンに洗顔フォームを使うとどうなってしまうのか、
デリケートゾーンを「安く簡単にケアする方法」はないのか、
詳しく解説していきます。

 

 

デリケートゾーンの美容に興味があるなら、最後までどうぞ!

 

 

 

 

洗顔フォームは”洗浄力”が強い

洗顔フォームには、デリケートゾーンを刺激するレベルの洗浄力があります。

 

これでは、汗や汚れがよく落ちる反面、必要な皮脂まで落ちてしまいます。
洗うたびにダメージを与えることになるんです。

 

 

デリケートゾーンって顔に比べて皮膚が極薄なので、お肌のバリア機能がめちゃくちゃ低いんですよ。

 

つまり「デリケートゾーンは乾燥しがち」ということ。

 

どのくらい皮膚が薄いのか?というと、
お顔のパーツでいうところの「まぶた」や「くちびる」に近いです。

 

 

まぶたもくちびるも乾燥しがちですよね。
あなたも、アイクリームやリップクリームでピンポイントに保湿ケアしているんじゃないでしょうか?

 

乾燥は美容の大敵!
ほうっておくと、「くすみ」「シワ」に繋がりますからね。

 

 

これ、デリケートゾーンも同じなんですよ。
デリケートゾーンを洗いすぎると、乾燥して「くすみ」「シワ」を招くだけじゃなく、
逆に皮脂が過剰分泌されて「臭い」や「ふきでもの」などのトラブルにも繋がってしまうんです。

 

ほら、お顔の乾燥をほうっておくと、だんだんオイリーになりません?
鼻のあたりからテッカテカになっちゃいますよね。
あれと同じ現象です。乾燥ゆえにオイリーになるという。

 

石鹸のもつ洗浄力は、お肌に1番影響があると言われているんですよ。
たかが石鹸、されど石鹸です。

 

 

洗顔フォームで洗うなら、アフターケアが必要

洗顔フォーム単品で、お顔のケアって終わりませんよね。

 

化粧水、オールインワンゲル、乳液、美容液、パックなどなど
洗顔後のアフターケアは絶対する!というのがほとんどの女性の習慣です。

 

 

・洗顔フォーム⇒角質や毛穴汚れを除去
・アフターケア⇒お肌を整える
という定番のフェイスケアですね。

 

 

ここで質問です!
もし洗顔フォームで顔より敏感なデリケートゾーンを洗うなら、
保湿剤は当然必要だと思いませんか?

 

 

「いや、デリケートゾーンは下着をはくから蒸れるし!」
と思ったあなた。
それは誤解です!

 

蒸れと保湿は違います。

 

蒸れは、お肌のコンディションを整えてくれません。

 

例えば、くちびるが乾燥してるのにリップクリームが無い時。
何度も舐めると、敏感になってヒリヒリして荒れますよね?

 

あれとおなじ現象がデリケートゾーンでも起こります。
ムズムズしたかゆみ、そして臭いなどにつながります。

 

つまり洗顔フォームは、
洗浄しすぎるだけでなく、
デリケートゾーンに必要な保湿力も足りていないということ…

 

 

デリケートゾーンがいかに「デリケート」なのか、わかっていただけましたか?

 

 

専用ソープならデリケートゾーンのトラブルと老化を阻止できる

皮膚が薄くて、蒸れやすくて、汚れやすいデリケートゾーン。
でも、洗いすぎてもいけない…

 

このような点から、やはり専用のケア商品を使うのが理想的です。

 

専用ソープには、保湿剤には及ばないにしても保湿力がありますし、
洗浄力もデリケートゾーンに適しています。

 

 

その結果、

  • 臭いを抑える
  • かゆみを抑える
  • おりものが減る
  • くすみがとれて印象が良くなる
  • シワ、たるみを防ぐ

など美容効果も得られるんですよ!

 

 

専用ソープは、「スキンケアとしての成分の質」が全然ちがうんです。

 

洗顔フォームは、あくまでお顔を洗う専用のもの。
お肌のことを考えてケアしたいなら、代用はいけません。

 

洗いすぎないこと、潤いを保つことが
デリケートゾーンをキレイに保つ必須条件です。

 

 

低価格で簡単にケアできる専用石鹸「ジャムウハーバルソープ」

・あんまりお金をかけられない…
・めんどくさいケアは続かない…
・でも、安心できる成分のものを使いたい…

 

 

こんな条件でもおすすめできるのが
有名な自然派石鹸「ジャムウ・ハーバルソープ」です。

 

あそこが臭い,ケア

 

これまでシリーズ累計305万個も売れた人気商品がコレ!
14年もの間販売され続けているという、ロングセラー商品です。

 

日本人の肌にあわせた黄金比率のハーブの配合になっていて、
インドネシアで一つひとつ手作りされている温かみのあるハンドメイド石鹸なんです。

 

ドラッグストアなどでは買えない、通販限定の商品にもかかわらず、
評判の高さは他商品の比じゃありません。

 

 

もしあなたが「どれを選べばいいかわからない!」と思うのであれば、
ジャムウハーバルソープのような人気商品から攻めてみるのがオススメです。

 

 

多くの女性が使用しているアイテムには、
ちゃんと理由がありますからね(*^ ^*)

 

 

わたしが実際に使って感じた「ジャムウハーバルソープのポイント」をまとめます。
↓ ↓

 

【おすすめポイント1】見た目も素材もシンプルで使いやすい

ジャムウハーバルソープは、ジャムウ(インドネシアのハーブの調合)の力で
デリケートゾーンをケアできる石鹸。

 

洗いすぎず、ほどよい保湿感で、でもスッキリと洗い上げることができます。

 

しかも無香料なので、香りの好き嫌いに左右されないのもメリットです。
「使い心地はいいのに匂いがダメ!」という失敗をする心配はありませんからね^^

 

 

【おすすめポイント2】”泡立てない使い方”もできる!

疲れすぎてなにもかもめんどうくさい時、
時間をかけられない時は、
泡立てずに使っちゃいましょう!

 

ジャムハーバルソープをデリケートゾーンにそのまま塗り込むという使い方です!

 

これは、メーカーも推奨している由緒正しい使い方。
直接塗り込むと、より一層ジャムウ成分がお肌に働きかけてくれるんです。

 

 

【おすすめポイント3】専用石鹸のなかでは低価格

ジャムウハーバルソープは、デリケートゾーン専用石鹸のなかでは安い価格帯です。
税込みで約2,000円なので、一回の外食代くらいですね。

 

とはいうものの、
「石鹸に2,000円?高いじゃん!」
という声も聞こえてきそう。

 

だって、わたしも最初はそう思いましたから!笑

 

でも、溶けにくい石鹸なのでコスパいいですよ。

 

わたしの場合は3ヶ月もちました(デリケートゾーンのみの部分使い)。
1日約22円でデリケートゾーンをケアできるなら、安いもんです♪

 

 

ちなみにデリケートゾーン専用石鹸自体は、800円代から市販品がありますが、
注意点アリ!ドラッグストアで買えるデリケートゾーンケア「サマーズイブ」を買う前に」に書いている通り、
成分に疑問が残るものが多いです。

 

デリケートゾーンは大事な部分なので、
安くて粗悪な石鹸は避けたほうが無難ですよ。

 

 

\今なら特典つき”期間限定”キャンペーン!/

 

 

まとめ

一時期わたしも考えていた
洗顔フォームを使ったデリケートゾーン洗い。

 

その裏側にあるデメリットがおわかりいただけたでしょうか?

 

洗顔フォームは「洗浄力が強い」&「保湿力が弱い」
⇒シワ、くすみ、臭い、かゆみなどのトラブルになる

 

このような理由で、
「洗顔フォームのメリットって”ゼロ”じゃん!」という結論に至ったのでした。

 

 

洗顔フォームは、デリケートゾーン用石鹸として代用できません。

 

ぜひ専用の石鹸を使ってみてくださいね。

 

臭い、かゆみ、くすみがない”美マン”に近づくことができますよ!

 

 

⇒私が今まで使った商品を比較した
デリケートゾーン専用石鹸ランキングはコチラ!

 

 

 

 

 

page top