【衝撃の事実】デリケートゾーンをビオレuで洗っちゃいけない理由

【衝撃の事実】デリケートゾーンをビオレuで洗っちゃいけない理由

「ビオレuは弱酸性でお肌に優しい!だからデリケートゾーン洗ってもオッケーだよね??」

 

それ!確かに思いますよね〜。
ビオレって1番身近な石鹸ブランドだし、優しそうなイメージ全開。
家族全員で体中洗える優しい石鹸、それがビオレu!みたいな。

 

どこでもパッと買えて値段も安いビオレのボディソープで済ませられるなら、こんな楽なケアはありません。

 

 

でも、ちょっと待ってください!

 

 

当サイトのトップページでも書いていますが、
わたしは以前、デリケートゾーンの臭いやかゆみが気になって悩んでいました。
この悩みをなんとか解消したくて、デリケートゾーンのケア方法について調べまくっていたんです。

 

そんなわたしが断言したいのは
「デリケートゾーンをビオレuで洗っちゃいけない!」という事実です。

 

もしかしたらアナタは今、「え?なんでそう言い切れるの?」と思ってるかもしれませんね。

 

最後まで読んでいただければ理由がわかりますよ。

 

※ビオレの印象がガラッと変わってしまったらごめんなさいm(_ _)m

 

 

 

ビオレuは、”強い洗浄力”をもつボディソープ

もう、この一言で全て説明できてしまってる気もしますが笑、

 

定番商品の「ビオレuフレッシュフローラルの香り」を、成分的にどうなのか調べてみますね。

 


画像の引用元:ビオレuラインナップ

 

 

 

今回は、「シャンプー解析ドットコム」というサイトを参考にします。
このサイトは人工知能を使って、市販のシャンプーやコスメ製品の成分を淡々と解析&格付けしてるんです。

 

「あのシャンプーが気になるけど成分的にどうなん?」みたいなときに使えるサイトです!

 

 

そんな解析ドットコムによると、「ビオレuフレッシュフローラルの香り」の評価はこんなかんじです↓↓↓

 

ボディソープとしては、やや洗浄力が強すぎる傾向。
・ボディソープに必要なのか、その脱脂力。
・ラウレス硫酸塩に加え、石鹸も配合され
・環境にも人体にも負荷が強い
ボディソープでありながら、コンディショニング効果まで持たせようとしている部分が散見され、
正直、洗浄剤の質の悪さを、感触改良剤でごまかしているようにしか見えません
 (中略)
肌にとってメリットがあまりにも少なく、
汚れ以上に、肌バリアを奪ってしまうことになりかねません。

引用元はこちら

と、かなり酷評です(汗)

 

デリケートゾーンの皮膚って、まぶたや唇と同じくらい薄いんですよ。
しかも粘膜(膣のこと)も隣り合わせになってるじゃないですか。

 

 

そんな繊細な部分をビオレで洗い、肌バリアを傷つけ続けたらどうなるのか?ということです。

 

 

実はボディソープの洗浄力こそ、お肌に1番影響を与えると言われているんです。
デリケートゾーンの潤い不足が原因で、

  • 痒い
  • においが臭い
  • ふきでものができる
  • シワが増える

などのトラブルが起きやすくなります。

 

 

アナタはどうでしょう?思い当たる項目ありますか?

 

 

あ、もちろんビオレだけが酷評なわけじゃないですよ。
市販されている同じ価格帯のボディソープは、成分の質が似たり寄ったりなのでご注意ください。

 

 

かつてわたしも、安い市販品(某有名ボディソープのダ○)で、
身体を洗うついでにデリケートゾーンも洗ってましたが、
思い返すといつも不快感を感じていたなぁ…
と思いますね。

 

 

手をハンドソープで洗うように、
顔を洗顔料で洗うように、
大事なパーツごとにケアするのは”美容の基本”です。
当然ですが、デリケートゾーン洗いには専用の石鹸が1番いいんですね。

 

 

ここからは、専用石鹸を使うメリットも紹介します。

 

 

デリケートゾーンを専用石鹸で洗う2大メリット


デリケートゾーン専用の石鹸には、それ相応のメリットがちゃんとあるんです。

 

メリット@洗浄力が優しいのでデリケートゾーンのトラブルを防げる

繰り返しになってしまいますが、
ボディソープの成分の中でお肌に1番影響を与えると言われているのが「洗浄力」です。

 

 

つまり、”デリケートゾーンを洗うのに適した洗浄力”というのがあるんですよ。
それが、専用ソープの最大のメリットなんですよね。

 

 

ほとんどの女性が感じていると言われている「かゆみ」「臭い」の不快感は、
専用ソープに変えるだけでかなり改善されるケースが多いです。

 

現にわたしもそうでしたね。
お気に入りの専用石鹸のおかげで、今はかゆみ臭い知らず!いつでも快適です。

 

 

そうそう、話が変わりますが
アナタは「デリケートゾーンはお湯で洗うだけで良い」って聞いたことありませんか?

 

婦人科でさえ、「お湯洗いだけでOK」とアドバイスする先生もいらっしゃるようです。
これは、「繊細な部分なのでダメージを与えないことが最優先ですよ」という意味なんです。

 

でも、できれば石鹸を使ってキレイにしたいのが本心。
そのほうが気分的に良いですからね。
だから極力ダメージにならない、優しい成分の石鹸を使うことが鉄則です!

 

 

メリットA潤い不足を解消するのでエイジングケアになる

洗浄力が強すぎない石鹸を使うと、必要な皮脂はちゃんと残るので
「お肌の潤いを保つ」ことができます。

 

するとお肌のターンオーバーが正常化するので、老化防止になるんですよ。

 

 

アナタはデリケートゾーンの老化って意識したことがありますか?

 

 

日頃あんまり目に入らない部分だからといって放置しておくと大変。
デリケートゾーンって結構シワが多いです。
しかもたるみやすい部分でもあります。

 

あんまり雑にケアしてると、どんどんカサカサのシワシワになってしまいます…
干からびた印象になっちゃったら悲しすぎる(´;ω;`)

 

 

そんな事態はになるのはイヤ!
というアナタ。
まずは専用ソープを使って、少しだけ丁寧にケアすることから始めるのがお勧め。

 

 

潤いがあってふっくらしたデリケートゾーンを維持できますよ(*^ ^*)

 

 

これから初めてデリケートゾーン専用石鹸を使ってみるのであれば、
「あのロングセラーヒット商品」が安心だしコストもおさえられるので、さくっとご紹介!

 

 

「低価格&ロングセラー」のジャムウハーバルソープは初心者にぴったり

 

それがこちら!
有名な自然派石鹸「ジャムウ・ハーバルソープ」です。

 

 

この石鹸、これまでシリーズ累計305万個も売れた人気のデリケートゾーン石鹸なんです。
14年もの間販売され続けている、いわゆる”ロングセラー商品”です。

 

日本人の肌にあわせた黄金比率のハーブの配合になっていて、
インドネシアで一つひとつ手作りされている温かみのあるハンドメイド石鹸なので
石鹸自体に”作り手のぬくもり”を感じます。

 

 

ちなみにわたしも初めての時は、この定番石鹸を購入しました^^
肌荒れなどもなかったし、特にデリケートゾーンの臭い改善に効果を実感できました。

 

 

もしあなたが「どれを選べばいいかわからない!」と思うのであれば、
ジャムウハーバルソープのような人気商品から攻めてみるのがオススメです!

 

 

多くの人に選ばれるアイテムには、
ちゃんと理由がありますからね(*^ ^*)

 

 

わたしが実際に使って感じた「ジャムウハーバルソープのポイント」をまとめます。
↓ ↓

 

【おすすめポイント1】見た目も素材もシンプルだから使いやすい

ジャムウハーバルソープは、ジャムウ(インドネシアのハーブの調合)の力で
デリケートゾーンをケアできる石鹸。

 

洗いすぎず、ほどよい保湿感で、でもスッキリと洗い上げることができます。

 

お肌にやさしくて、余計なケミカル成分が配合されていないから、
肌荒れを起こしてしまうリスク自体が低いんですね。
デリケートゾーンって毎日洗うじゃないですか?

 

毎日安心して使える」っていうのはポイント高いです。

 

しかも無香料なので、香りの好き嫌いに左右されないのもメリットですね。
「使い心地はいいのに匂いがダメ!」という失敗をする心配はありませんから^^

 

 

【おすすめポイント2】”泡立てない使い方”もできる!

疲れすぎてなにもかもめんどうくさい時、
時間をかけられない時は、
泡立てずに使っちゃいましょう!

 

ジャムハーバルソープをデリケートゾーンにそのまま塗り込むという使い方です!

 

これは、メーカーも推奨している由緒正しい使い方。
直接塗り込むと、より一層ジャムウ成分がお肌に働きかけてくれるんです。

 

 

【おすすめポイント3】専用石鹸のなかでは低価格

ジャムウハーバルソープは、デリケートゾーン専用石鹸のなかでは安い価格帯です。
税込みで約2,000円なので、一回の外食代くらいですね。

 

とはいうものの、
「石鹸に2,000円?高いじゃん!」
という声も聞こえてきそう。

 

だって、わたしも最初はそう思いましたから!笑

 

でも、多くの女性が2,000円のジャムウハーバルソープをリピート購入しまくってます。
それは、それだけの価値があるからなんですね。

 

しかも、溶けにくい石鹸なのでコスパもいいですよ。

 

わたしの場合は3ヶ月以上もちました(デリケートゾーンのみの部分使い)。
1日約22円でデリケートゾーンをケアできるなら、安いもんです♪

 

 

ちなみにデリケートゾーン専用石鹸自体は、800円代から市販品がありますが、
注意点アリ!ドラッグストアで買えるデリケートゾーンケア「サマーズイブ」を買う前に」に書いている通り、
成分に疑問が残るものが多いです。

 

デリケートゾーンは大事な部分なので、
安くて粗悪な石鹸は避けたほうが無難ですよ。

 

 

 

今なら特典つき!期間限定のキャンペーン中!

 

 

 

まとめ

デリケートゾーンの洗浄は、何かで代用せずに専用のものを使うのが鉄則。

 

今までビオレで洗っていたなら、ちょっとだけ方向性を変えてみてはいかがでしょうか?

 

気分的にもオンナっぽくなれますよ〜^^オススメです!

 

 

ぜひこちらのページも参考にされてください。

 

⇒私が今まで使った商品を比較したデリケートゾーン専用石鹸ランキングはコチラ!

 

 

 

 

 

 

 

page top