デリケートゾーンの垢 (マンカス)の正しい取り方の手順を解説!

デリケートゾーンの垢 (マンカス)の原因と正しい取り方の手順解説!

「どうやって恥垢(マンカス)取ってる?」
この質問、アナタは家族や友達に聞けます?

 

 

 

正直、聞けないです。汗


 

 

見えない部分をケアすると自信がつくし自然とオンナっぽさが出て、彼氏やパートナーにたっぷり愛されます。でもデリケートゾーンのケア方法はおおっぴらに話しづらいので、どうしても自己流になりがち。

 

もちろん自己流でOKなんですが、ポイントはしっかりおさえておかないと

  • アソコが黒くなっちゃった!
  • アソコがたるんじゃった!
  • おりもの増えちゃった!

ってことにもなりかねません。

 

この記事では、恥垢(マンカス)ケアについて詳しく解説します。
本気でケアして美マンを目指しましょう!

 

 

 

マンカスを取る道具と手順は?

恥垢(マンカス)ケアには、できるだけ刺激しないことが超重要です。
なぜなら、アソコはものすごくデリケートだから。まぶた以上に繊細なんです。
皮膚が薄く、膣という粘膜の存在もあるので痛みが出やすいですし、
なにより刺激そのものが黒ずみの原因になってしまいます。

 

ですので、恥垢(マンカス)ケアでは、

 

指の腹

 

を使っていきましょう!これが、あなたが1番使い慣れた道具ですから(*^^*)

 

 

取り方@ まずは自分のアソコを知ろう!

もしかしたら、これが1番大事なんじゃないかなーというポイントです。
それが、自分のアソコを鏡で見る!
恥垢(マンカス)ケアは、ここからはじまります!

 

デリケートゾーン,垢,マンカス,正しい取り方

 

自分のアソコを見るって、なぜかとても勇気がいります。
わたしも初めはそうでした。いけないものを見に行くような気分というか。
キレイな場所ではないし「あんまり見たくはないな〜」という気持ちがありました(^_^;)

 

でも見ない限り、自分のアソコの形や特徴はよくわからないままです。
よくわからない部分をケアすることはできません。

 

例えば、

  • ビラビラの大きさ
  • クリトリスの向き
  • アンダーヘアの毛量
  • アソコ全体の大きさ

など、実は個人差がかなりあるんだそうです。

 

それに年齢によって、たるみ具合も違います。
アソコの構造はみんな同じですが、特徴はみんな違うんですね。

※私は女性なので実際に見比べたことはありませんが、いろんなタイプのアソコがあるらしく、ちょっと検索したらかなり勉強になりました(*'ω'*)

 

 

そんなわけで、まずはアソコを鏡で見てみてください。
なんとなく眺めるのではなく、アソコの構造を観察するのがポイントです!

 

(画像の引用元はこちら:国立がん研究センター

・恥丘(ちきゅう):穏やかに盛り上がった部分
・陰核(いんかく):クリトリスのこと
・大陰唇(だいいんしん)
・小陰唇(しょういんしん):ビラビラのこと
・尿道口(にょうどうぐち):おしっこの出口
・膣口(ちつこう):膣の入り口
・会陰(えいん)
・肛門(こうもん):うんちの出口

 

女性の外陰部は、こんな構造になっています。
部位の大きさや形はみんな違うので、恥垢(マンカス)の溜まりやすい場所はひとそれぞれ違ってきます。
意外とシワも多いですね。(もちろん加齢によって増えてきます。。。泣)

 

 

取り方A 手鏡を使ったバスタイムのケアから始める


毎日のバスタイムに恥垢(マンカス)をしっかり取り除くためにも、最初は手鏡を使いながら洗うのがオススメです。

 

誰でも毎日アソコを洗っているとは思いますが、構造が複雑でシワも多いので、
思っている以上に恥垢(マンカス)の洗い残しがあったりします。これが結構ショック!(笑)

 

わたしも初めはなんとなくサッサッと指で撫で洗いしていましたが、洗ったあとに見てみたら数箇所の洗い残しが。。。(-.-;)
実際のアソコは、自分が思っていた形と違って、もっと複雑だったんですね。

 

「マンカス、完全に彼氏に見られてるなー…」とモンモンとしましたね。(笑)

 

自分のアソコの形を把握しておけば、いずれ鏡を見なくても感触でわかるようになるので、洗い残しゼロにできます(*^^)v

 

 

取り方B 泡であそこ全体を洗う

手鏡を持ってバスルームに行き、準備万端!
ソープを泡立てて洗いましょう。

 

ポイントは、しっかり泡立てること!!

 

ソープには『洗浄力』があります。
泡立てる前の状態は、洗浄力がやや強すぎるのですが、
泡立てることでソープの洗浄力は調整されて、お肌にとって1番良い状態になります。
モコモコの泡は、泡立てスポンジを使えばカンタンに作れます。

 

ちなみに、デリケートゾーン専用ソープは必須アイテムですね。
市販されている普通のボディソープの多くには、強めの洗浄剤が使われているからです。
毎日使うものなので、ソープはしっかり選びましょう!

 

わたしが愛用しているのはクリアネオパールという専用ソープですが、
本当に質の良いものを使うと全然違うなーと感じます(*^_^*)
おすすめですよ☆

 

 

洗い方は?

泡立てたソープをアソコ全体に乗せて、

@前側
A肛門側
の順で、指の腹をつかって撫で洗います。

 

 

この段階で、溝にある恥垢(マンカス)を一生懸命に取ろうとしなくて大丈夫です。
アソコ全体についた汗などの汚れを落とす気持ちで、おおまかに洗いましょう。

 

泡がたっぷりついた状態でアソコをいじりすぎると、しみて痛みを感じることがあります。泡が膣内に入るのもよくありません

 

 

取り方C シャワーで泡を流し、残った恥垢をやさしく取る

アソコ全体の汚れをソープで洗ったらシャワーで流して、一度手鏡でアソコをチェックします!
この時、8割くらい流してすこしだけヌルついてるくらいがいいですね。
このヌルつきが皮膚への摩擦を減らしてくれます!

 

  • クリトリスの周辺
  • ビラビラ(小陰唇)の間
  • Iライン(大陰唇)にあるアンダーヘア

などは比較的汚れが溜まりやすいので、鏡でよく見てみましょう。
恥垢(マンカス)を見つけたら、指の腹をつかってていねいに取り除きます。

 

チカラをいれてゴシゴシしたり、皮膚をひっぱったすぎたりすると、たるみや黒ずみの原因になってしまうので
リラックスして、優しく、オンナっぽく、拭き取ります(*^^*)

 

 

 

 

取り方D お湯で流す

最後にお湯で流して仕上げです。

 

シャワーはお腹あたりに当てて、
身体をつたう水を使ってアソコをぱしゃぱしゃ流すと、見た目にもスマートですね。

 

これで恥垢(マンカス)の洗い残しはゼロです。
優しく洗い上げることができました!

 

お風呂上がりには、タオルを押し当てるようにして水分を拭き取ります。

 

 

トイレで恥垢(マンカス)を拭き取りたいときのコツ

おりものが多い日や、デートの前などに恥垢(マンカス)が気になったら
トイレでサッと拭き取ります。

 

この時に重宝するのが、デリケートゾーン専用のウエットシート!

 

トイレに入ると、どうしてもトイレットペーパーで拭き取りたくなりますが、実はあまり拭き取れていません(!)
それどころか、トイレットペーパーのカスがついてしまって恥ずかしい思いをするパターンもありますので要注意(笑)

 

恥垢(マンカス)は、皮脂が含まれていて粘性があります。
そのぶん取れづらいので、ウエットシートのような水分を含んだものがベスト。

 

トイレットペーパーに比べれば、摩擦も少なくおさえられます。

 

 

恥垢(マンカス)ができる原因は、実はこんなにある!

そもそも恥垢(マンカス)の原因になっているものは、何でしょうか?

  • 皮脂や汗
  • 尿
  • おりものなどの分泌物
  • 古い角質
  • (生理の時)経血
  • (セックス時)愛液や精液
  • トイレットペーパーなどアソコに直接当たるもの

こういったものが混ざってできたものが垢になって溜まっていくんですね。
そして、この恥垢(マンカス)を放っておくと、雑菌が繁殖して臭いがキツくなります。

 

 

ちなみに、加齢によって

  • シワがふえる
  • たるむ

という変化が顔やボディラインにあらわれてきますが、
もちろんアソコにも当てはまります。

 

シワやたるみが増えるということは、単純に恥垢(マンカス)が溜まる溝や面積が増えるということを意味します。

 

つまり、年齢を重ねるごとにアソコが臭いやすくなる、と言えますよね(;_;)

 

ぬかりなく美マン意識を高めて、きちんとケアすることが大切です。

 

 

わたしが使用感と実感で選んだ、3大デリケートゾーン専用ソープ!

 

クリアネオパール

デリケートゾーン,垢,マンカス,正しい取り方 デリケートゾーン,垢,マンカス,正しい取り方

 

臭いと黒ずみをダブル対策できる最強ソープ!

 

クリアネオパールは、日々ホントにお世話になってます^^
すごく保湿力が高いボディソープなので、デリケートゾーンがしっとりつやつやに潤いますよ。

 

マンカス対策の実感としては、クリアネオパールがダントツかな?

 

最初は、2,980円という値段を正直高いと感じたけど、

  • 成分の贅沢さ
  • 保湿力
  • コスパ
  • 返金保証つき

これをひっくるめて考えると、妥当かなって思います!
デリケートゾーンの部分使いだと2〜3ヶ月は余裕で持ちますよ。

 

「効果がない!」と感じたら、使用後でも返金に対応してもらえるのは”通販だからこその強み”です。
試してみる価値アリですよ^^

 

>>詳細とレビューをみる

 

>>クリアネオパールの公式サイトをみる

 

 

ピーチジョン デリケートウォッシュオイル

デリケートゾーン,垢,マンカス,正しい取り方 デリケートゾーン,垢,マンカス,正しい取り方
すっきり汚れを落とせるデリケートゾーンのオイルクレンジング!

 

泡立てる必要がないので、楽ちんケアが実現します^^

 

デリケートウォッシュオイルは、品のいいローズの香りなので「バスタイムは良い香りで癒やされたい♪」という方に激しくオススメです!

 

男性ウケも狙える香りなので、いざという時に使うのもアリ(*^^*)

 

ちなみに、公式サイトで購入するだけでデリケートゾーン専用ウエットシートがおまけとして貰えます!

 

>>詳細とレビューをみる

 

デリケートウォッシュオイルの公式サイトを見る

 

 

ジャムウハーバルソープ

デリケートゾーン,垢,マンカス,正しい取り方 デリケートゾーン,垢,マンカス,正しい取り方
デリケートゾーン専用ソープ業界では老舗のジャムウ系ソープ!

 

とにかく長い販売実績のある、定番のデリケートゾーン専用ソープです。
今では類似品も見かけますが、元祖シャムウ系ソープはこれです。

 

シンプルな原材料でお肌に優しいのに、効果はバツグン!

 

ハーブのちからでケアしたい人には特におすすめです♪

 

>>詳細とレビューをみる(準備中)

 

>>ジャムウハーバルソープの公式サイトをみる

 

 

 

 

ケアして美マンをゲットしよう!

デリケートゾーン,垢,マンカス,正しい取り方

 

冒頭にもありますが、

 

見えない部分をケアすると自信がつくし自然とオンナっぽさが出て、彼氏やパートナーにたっぷり愛されます。

 

みんなで愛され美マン女子になりましょう!

 

⇒わたしの赤裸々デリケートゾーンケア体験談はこちら

 

 

 

 

page top