デリケートゾーンの恥垢(マンカス)正しい取り方は?あそこの洗い方完全版

デリケートゾーンの白い垢 (マンカス)の原因と正しい取り方の手順!

 

こんにちは!管理人のマミです。


 

「毎日お風呂に入ってるのに、どうしてあそこに垢が溜まるんだろう…」
こんなふうに思ったこと、ありませんか?

 

わたしはというと、10代の頃、あそこの汚れ(垢)の存在に気がついた時は本当にショックだったし、
「これって異常なのかな?」なんて思ったこともありましたね^^;

 

 

デリケートゾーンの美容や臭いに気をつかうようになってからは、
「正しいあそこの洗い方」や「恥垢(マンカス)の対処法」について、
自分で調べたり、信頼できる婦人科の先生に相談したりしました。

 

 

そもそも、デリケートゾーンにまつわるケア方法の話っておおっぴらに話しづらいんですよね。
自己流でケアするにしても、ポイントはしっかりおさえておかないと

  • アソコが臭い!
  • アソコが黒くなっちゃった!
  • おりもの増えちゃった!

なんてことになりかねません。

 

 

この記事では、恥垢(マンカス)の原因や、あそこの洗い方について、
わたしが実践している方法を詳しく解説していきます!

 

 

※外出先のトイレでマンカスを対処したい場合は、
外出先でのデリケートゾーン(陰部)臭い対処法を全部まとめました!」も参考にしてくださいね^^

 

 

 

 

恥垢(マンカス)ができる原因はこんなにある!

恥垢(マンカス)の原因になっているものはズバリ、”あそこの汚れ全般”です!

 

  • 皮脂や汗
  • 尿
  • おりものなどの分泌物
  • 古い角質
  • (生理の時)経血
  • (セックス時)愛液や精液
  • トイレットペーパーなどアソコに直接当たるもの

こういったものが混ざってできたものが垢になって、溜まっていくんですね。

 

皮脂が含まれたタンパク汚れなので、粘性があって取れづらいのも特徴です。
だから、お湯でサッと流すだけでは取れません。

 

恥垢(マンカス)を取り残してしまうと、雑菌が繁殖して臭いがキツくなります。

 

 

さらに、加齢によって「シワ」や「たるみ」があそこにもどんどん増えていきます。
顔や身体と同じですね。

 

あそこのシワやたるみが増えるということは、マンカス(恥垢)が溜まる面積が増える、ということです。

 

 

つまり、年齢を重ねるごとに
アソコが臭いやすくなる
マンカスが溜まりやすくなる
んです。

 

ショックですよね(´;ω;`)

 

これから先の未来のためにも、デリケートゾーンを正しくケアする習慣が必要です!

 

 

あそこの汚れを優しく取るために重要なポイントは2つ!

それは、指の腹
デリケートゾーン,恥垢,マンカス,取り方,あそこ,洗い方

 

 

と、デリケートゾーン専用の石鹸
デリケートゾーン,恥垢,マンカス,取り方,あそこ,洗い方

 

 

この2つを使って洗うことです。

 

 

洗う時になにより大切なのは、刺激しないこと!

 

デリケートゾーンは皮膚がとても薄いですよね。
皮膚が薄いということは、お肌のバリア機能が弱いということ。まぶた以上に繊細で敏感です。

 

指の腹を使えば、ダメージを与えることなくしっかり汚れを落とすことができます。

 

 

デリケートゾーン専用の石鹸は、繊細な部分を洗うのにピッタリの優しい洗浄力なので、もはや必須のアイテムです。

 

デリケートゾーンは汚れが溜まりやすい部分ですが、
だからといって脱脂力の強い洗剤でゴシゴシ洗ってはいけないんです。

 

 

だって、デリケートゾーンが”干からびたシワシワのアワビ”みたいになっちゃったら大変じゃないですか^^;

 

デリケートゾーンの美容のためにも、この2点は必ず守りましょう!

 

 

まずは自分のアソコをよく見て、知ることから始める!

ではまず始めに、自分のあそこを鏡で見てみましょう!

 

デリケートゾーン,恥垢,マンカス,取り方,あそこ,洗い方

 

でも自分の性器を見るって、慣れてないとちょっと勇気がいるかもしれません。
わたしも初めはそうでした。
お世辞にもキレイな場所じゃないし、「あんまり見たくはないな〜」という気持ちがありました(^_^;)

 

でも見ない限り、自分のアソコの形や特徴はよくわからないままです。
よくわからない部分をケアすることはできませんよね?

 

 

性器の形は、

  • ビラビラの大きさ
  • クリトリスの向き
  • アンダーヘアの毛量
  • アソコ全体の大きさ

などにかなりの個人差があります。
あそこの形ってとても個性的でいろんなタイプがあるのだそうです。

 

 

こちらの記事内で引用させていただいてる図をちょっと見てみてください。ビラビラの大きさだって左右非対称ですよね。

 

デリケートゾーン,恥垢,マンカス,取り方,あそこ,洗い方
画像の引用元はこちら

 

 

それに、年齢によってたるみ具合やシワの量もちがいます。
あそこの【構造】はみんな同じでも、【特徴】は違うんですね。

 

(画像の引用元はこちら:国立がん研究センター

・恥丘(ちきゅう):穏やかに盛り上がった部分
・陰核(いんかく):クリトリスのこと
・大陰唇(だいいんしん)
・小陰唇(しょういんしん):ビラビラのこと
・尿道口(にょうどうぐち):おしっこの出口
・膣口(ちつこう):膣の入り口
・会陰(えいん)
・肛門(こうもん):うんちの出口

 

女性の外陰部は、こんな構造になっています。
部位の大きさや形はみんな違うので、当然恥垢(マンカス)の溜まりやすい場所はひとそれぞれ違ってきますよ。

 

 

恥垢(マンカス)も残さず取れるあそこの洗い方【4つの手順】

では実際にケアしてみましょう!

 

手順1 最初は鏡をバスルームに持ち込む!


ガンコな恥垢(マンカス)をしっかり取り除くためにも、最初は鏡を使いながら洗うのがオススメ。
いや、鏡なしではちょっと難しいかもしれないですね。

 

毎日あそこを洗っていても、思っている以上に恥垢(マンカス)の洗い残しがあったりします。
これが結構ショック!(笑)

 

 

わたしも昔は、指でササッとなで洗いしていたんですが、みごとに洗い残しが。。。(-.-;)
実際のアソコは、自分が思っていた形と違って、もっと複雑だったんですよね。

 

 

自分のアソコの形を把握しておけば、いずれ鏡を見なくても感触でわかるようになるので、洗い残しゼロにできます(*^^)v

 

 

手順2 泡であそこ全体を洗う

手鏡を持ってバスルームに行き、準備万端!
デリケートゾーン石鹸をしっかり泡立てて洗いましょう。

 

デリケートゾーン,恥垢,マンカス,取り方,あそこ,洗い方

 

ポイントは、たっぷりきめ細かい泡を作ること。
泡立てネットを使うとカンタンに泡立てることができますよ。

 

 

石鹸をのせた手のひらをすり合わせて軽く泡立てる程度では、じつは不十分です。
石鹸は、しっかり泡が立っているときが1番良い洗浄力バランスになります。

 

 

洗顔料も「しっかり泡立ててから使うとお肌に良い」と言われていますよね。
デリケートゾーンだって同じです。
たっぷりモコモコな泡で洗うと気持ちいいですね^^

 

 

もし泡立てが面倒な場合は、泡で出てくるタイプの石鹸もありますからね。
用途にあったものを使うのも手です!

 

 

洗う順番は?


泡立てた石鹸をデリケートゾーン全体に乗せて、

  1. 前側
  2. 肛門側

の順で、指の腹をつかって”なで洗い”します。
肛門付近には雑菌がいるので、最後に洗いましょう。

 

 

デリケートゾーンにも無数の毛穴が存在していて、毛穴に詰まった汚れが臭いの原因になっていることもあります。
また、臭いやすい汗が出る汗腺(アポクリン汗腺)も多いです。

 

汗、皮脂、アンダーヘアに絡みついた汚れなどを全体的に落とすイメージで、優しくゆっくり洗います。

 

手順3 シャワーで泡を流した後、恥垢(マンカス)をやさしく取る

あそこ全体の汚れを洗ったら、いったんシャワーで流します。
この時、100%洗い流さず少しヌルついてるくらいがベストです。このヌルつきが皮膚への摩擦を減らしてくれます。

 

ここで、手鏡であそこを見てみましょう!

 

 

比較的汚れが溜まりやすい部位は、

  • クリトリスの周辺
  • ビラビラ(小陰唇)の間
  • Iライン(大陰唇)にあるアンダーヘア

このあたりでしょうか。チェックしてみてください。
恥垢(マンカス)を見つけたら、指の腹をくるくる動かしてていねいに取り除きます。
マッサージの要領で、優しく動かします。

 

 

手順4 お湯で流す

最後にお湯で流して仕上げです。

 

シャワーはお腹あたりに当てて、
身体をつたう水を使ってアソコをぱしゃぱしゃ流すと、見た目にもスマートですね。

 

お風呂上がりには、タオルを押し当てるようにして水分を拭き取ります。

 

 

これで汚れの洗い残しはゼロ!


 

 

『普通のボディソープ』でデリケートゾーンを洗わない方が良い理由

アナタは普段、どんな石鹸でデリケートゾーンを洗っていますか?

 

 

もし、ドラッグストアで安売りされているようなボディソープを使っているなら、ここから先も読み進めてみてください!
洗うたびに、デリケートゾーンにダメージを与えている可能性があるんです。

 

 

一般的なボディソープには、やや強めの洗浄剤が配合されています。
この”強めの洗浄剤”というのは原価が安いので、あらゆる市販品に使われているんです。

 

こういったボディソープで背中や足などを洗うには問題ないですが、デリケートゾーンを洗うには強すぎなんですね。

 

 

 

繰り返しになりますが、デリケートゾーンの皮膚はものすごく薄くて繊細です。
肌コンディションは簡単に乱れてしまうんですよ。

 

 

すると、皮脂が過剰に分泌されたり、角質層がはがれたり、乾燥気味になったりするので

  • マンカス(恥垢)の増加
  • 臭いがキツくなる
  • かゆみが増す
  • 黒ずみ

こういった”よくある悩み”につながるんです^^;

 

 

キレイにしたくて洗っているのに、逆にトラブルだらけになっては元も子もなーい(> <)!!

 

 

トラブルがなくて綺麗なデリケートゾーンを保ちたい!と思って、
わたしが現在愛用しているのは”クリアネオパール”というデリケートゾーン石鹸。
これは、なかなかオススメできます^^

 

デリケートゾーン,恥垢,マンカス,取り方,あそこ,洗い方

 

 

クリアネオパールは「デリケートゾーンの悩み全般」に対応できる!

わたしは恥垢(マンカス)の存在も嫌だったけど、
臭いとか黒ずみなど『デリケートゾーンのエチケット』も解決したいって思ってました。

 

せっかく彼氏とエッチしてる最中に、
「わたしのあそこ、本当に臭ってないかな?」なんて気になるのもストレスでしたから…

 

 

クリアネオパールは、優しく洗って汚れを落とすだけじゃなく、
デリケートゾーンをたっぷり保湿して皮膚のコンディションまで整えてくれるのがポイント高いんです(*^ ^*)

 

 

保湿成分、美肌消臭成分、オーガニック成分などなど
「これでもかっ!」
ってくらい入っているので、イヤな臭いとか黒ずみなんかの悩みにも良いですよ。

 

デリケートゾーン,恥垢,マンカス,取り方,あそこ,洗い方

 

実際にわたしは臭いがかなり軽減したのが嬉しかったですね。
それに、使って3ヶ月くらい経つと黒ずみが明らかに薄くなってることにも気が付いたんです。

 

ちょうど下着のライン、ももの付け根がくすんでたんですが、
もう少しで太ももと同じくらいの色味になるかな?って期待してます^^

 

 

それに、万が一お肌に合わなかったり、使い心地が気に入らなかったら、
たとえ使用後でも”返金保証”で返金してもらえます。

 

「ダメなら返金!」と思い切って買ってみたんですが、わたしは大正解でしたよ!

 

 

クリアネオパールの難点を挙げるなら、欲しい時にいつでも手軽に買えないことですね。
買えるのは、通販だけなので。
でも定期購入でお得に買えるし、お店に行く手間も省けるので、逆にメリットかな?

 

でも、定期購入のわりに、初回を受け取ったら解約OKなので、
「”定期購入”じゃないじゃん!」ってかんじですが(^_^;)

 

お安く試すなら、定期購入がおすすめです。

 

 

ちなみに、この特設サイトから定期購入してます⇒お得な定期便あり!【クリアネオパール】
クリアネオパールが気になる方、参考にしてください!

 

 

まとめると、

  • デリケートゾーンの汚れをキレイにしたい
  • 恥垢(マンカス)を減らしたい
  • 臭いが気になる
  • ムズムズしたかゆみがある
  • 黒ずみを明るくしたい

こんな人は使ってみる価値があると私は思います!

 

 

まとめ

あそこの汚れを洗い流すことは、女性のエチケットとしてとても重要ですよね。

 

「恥垢(マンカス)の取り方」「基本の洗い方」で、潤いのあるキレイなデリケートゾーンを維持していきましょう!

 

 

わたしも、さらに精進します!!


 

 

いままで試してきたデリケートゾーン専用石鹸のランキングを作りました。

臭いや黒ずみが気になる方はどうぞ^^

 

⇒実感力で選ぶ!デリケートゾーン専用石鹸ランキングと口コミレビュー

 

 

 

 

 

page top